よくある質問

佐藤法律事務所によく寄せられるご質問にお答えしております。
こちらでは、不倫、不貞、男女トラブルの個別の法律相談に関するご質問は掲載しておりません。相談前に聞いておきたいことがある場合には、相談予約の受付時にお尋ねください。

佐藤弁護士に相談するにはどうしたらいいですか?
まずはご相談のご予約をお願いいたします。
メールでのご予約はこちら
お電話でのご予約は、TEL 0800-100-2413まで。
佐藤法律事務所専用の駐車場はありますか?
申し訳ありません、事務所専用の駐車場はありません。
お車でお越しの際はビルの周辺のコインパーキングをご利用下さい。
JRいわき駅・駅前バスターミナルから徒歩1分というアクセスの良い場所にございますので、公共交通機関でお越しいただいても便利です。
メールや電話だけで法律トラブルの悩みを聞いてもらえますか?
メールや電話だけの法律相談はお断りしております。必ず事前にご相談予約をしていただいてから、相談日当日に事務所へお越しください。
法律相談は無料ですか?
ホームページを見たと言っていただければ、初回相談無料、2回目以降は30分5000円の相談料になります。
福島県いわき市・茨城県日立市の周辺に住んでいないのですが、相談ができますか?
はい。もちろんです。
ただし、的確な回答には資料などを拝見する必要もありますので、ご相談においては、対面での法律相談が必要になると考えておりますので、事務所にお越しいただいてのご相談をお願いいたします。
法律相談にお伺いする際に、準備しておくべきものはありますか?
不貞事案であれば、証拠になるもの(写真、メール、日記等)。
離婚事案であれば、戸籍謄本など(婚姻日、離婚日、家族構成等がわかるので)です。詳しくは当事務所までご相談下さい。
なお、初回に記入いただくアンケート用紙をホームページからダウンロードして、事前にご記入しただきご持参いただきますと、スムーズにご相談が進む場合がございます。

不倫された方用ヒアリングシート

不倫してしまった方用ヒアリングシート

秘密は守っていただけますでしょうか?家族や近所の人にも知られたくないです。
相談頂いた内容は、ご本人様の了解がなければ、誰にも話したり漏らしたりすることはありません。弁護士には秘密を保持する義務があります(弁護士法23条、弁護士職務基本規程23条)ので、正当な理由なく、依頼者について職務上知り得た秘密を他に漏らすことはありません。ご家族に対しても、ご本人様の了解なしにお話しすることはありません。ご相談内容が刑事事件にかかわることでも、警察に連絡することは一切ありません。安心してご相談ください。
平日の営業時間に相談に行くことができないのですが、日曜日や夜間でも大丈夫ですか?
夜間相談には柔軟に対応しております。
休日は対応しておりませんが、可能な場合もありますので、日程調整の際にご相談ください。
初回の電話でヒアリングする内容はどのような質問になりますか?
事案によって異なりますが、離婚事案の場合、婚姻日、家族構成、夫婦の仕事、収入、資産、負債、離婚原因につながる事情、その他 不貞事案の場合、相談者の立場(既婚者か未婚者か、不貞した方かされた方か)、紛争の相手方の情報、不貞関係の内容、程度等になります。

問題の解決を依頼する場合

弁護士に依頼した場合、裁判所に行かなくてもよいのですか?
弁護士が訴訟の依頼を受けた場合、弁護士が代理人として裁判所に出廷しますので、依頼者の方が裁判所に行く必要は基本的にはありません。ただ、本人尋問や和解期日などに出廷いただくことはあります。
また、調停や少額訴訟など、手続によってはご本人が出廷したほうがよい場合もあります。
どの程度裁判所に出廷する必要があるかは、個別の相談の際にご説明いたします。
裁判をする場合、自分で書面を書いたり、証拠を集めたりする必要はありますか?
書面は弁護士が書きますので、依頼者の方が書くことはほとんどありません。
ただ、まれにご本人に陳述書等を書いていただく場合があります。
証拠については、弁護士よりも依頼者ご本人が持っているものですので、どのような証拠が必要かを弁護士が検討し、依頼者の方にご準備いただきます。
もっとも、ご本人が持っていない証拠で弁護士が集めたほうが便宜なもの(たとえば住民票や戸籍、登記簿謄本)弁護士の権限でないと集めにくいもの(弁護士会照会により各団体から取り寄せる資料等)については、弁護士が取り寄せます。
離婚や子供のことが絡むケースですと解決に時間がかかると思いますが、慰謝料請求のみの事案は解決ではどのくらいの期間を要しますか?
事案によって内容や複雑さが異なりますので一概には言えませんが、交渉のみだと数か月(3ヶ月から半年程度)。訴訟だと受任から1年程度です。

弁護士報酬について

法律相談にかかる費用を教えて下さい
ホームページを見たと言っていただければ、初回相談無料、2回目以降は30分5000円となります。
実際受任いたしましたら、別途費用が発生いたします。
具体的な弁護士費用についてはこちらをご覧ください。
無料相談時点で内容証明を作成していただく場合その対応は無料相談に含まれるのでしょうか?
書面作成になりますので、書面作成代をいただくことになります。また、弁護士名が入る場合には受任が必要になりますので、契約をする必要があります。
弁護士費用を支払う金銭的な余裕がない場合、どうすればいいですか?
法テラスによる、法律援助という制度をご利用いただける場合もございます。
弁護士費用はいつ支払えばいいのですか?
着手金はご契約時に、報酬金は事件終了時にお支払いいただくのが原則ですが、事件の性格等により異なる場合がございます。
詳しくは、ご相談時にご説明いたします。
依頼にあたり、見積もりをお願いすることはできますか?
ご相談後であれば、着手金についての見積もりや報酬についての見積もりは可能です。個々の事件内容に応じて見込まれる費用が異なりますので、ある程度ご相談をお聞きしないと細かな見積もりはできないからです。見積もりについてもお気軽にご相談下さい。
事案が一旦解決した後、また新たに相談したい場合、初回無料相談は適応されますか?
はい。適応いたします。

解決した事件とは別の事件になりますので、初回は無料でご相談いただけます。

費用の分割払いやクレジットカードでの支払いはできますか?
クレジットカードでのお支払いは取り扱っておりません。
分割払いについてはご相談下さい。