不倫・男女トラブルにおける弁護士費用

当事務所では、法律相談や事件の依頼によって発生する費用について、事前にわかりやすい説明を行い、相談者様に十分なご理解をいただいた上で費用のご負担をいただくことを心がけています。

法律相談料

ホームページからのご予約で 法律相談30分無料!

不倫・不貞・男女トラブルにお困りの皆様へ、佐藤法律事務所ではホームページからのご予約、または「ホームページを見た」とお伝え頂ければ、初回の法律相談を通常30分5,000円で提供しております。
一人で抱え込まずにお気軽に相談してほしいという想いから、ぜひ皆様にご活用いただきたいと思います。

WEBサイトからのご予約で初回30分相談無料

福島県・茨城県対応!法律相談受付中

  • 秘密厳守
  • 地域密着の信頼
  • 分かりやすい費用

不倫・男女トラブルの着手金・報酬金費用

経済的利益の額 着手金 報酬金 事件経費
300万円以下 経済的利益の額の8% 経済的利益の額の16% 実費
300万円~3000万円まで 経済的利益の額の5%+10万円 経済的利益の額の10%+20万円
3000万円~3億円まで 経済的利益の額の3%+80万円 経済的利益の額の6%+160万円
3億円以上 経済的利益の額の2%+380万円 経済的利益の額の4%+760万円
経済的利益の額が不明な場合 50万円 上記各報酬による

※ 着手金の最低額は15万円(税別)、報酬金の最低額は20万円(税別)とします。
※ 詳細に関しては、ご相談ください。(このホームページの費用表は、あくまでも目安であり常に個別契約が優先します。)

離婚事件の弁護士費用

離婚事件の内容 着手金及び報酬金
離婚調停、離婚仲裁センター事件又は離婚交渉事件 各40万円以上100万円以下
離婚訴訟事件 各50万円以上300万円以下

※ 不倫・男女トラブルから離婚にまで発展した、または離婚による解決を視野に入れている場合にご参考になさってください。

顧問料の弁護士費用

顧問料 年額6万円(月額5000円)以上で協議により定める額

※ 慰謝料請求において解決された男女トラブル(執拗なストーカー行為やDVなど)、関係が破綻したと思われた配偶者と不倫相手のトラブル、お子様の養育費など、長期的に弁護士のサポートが必要な場合には顧問契約をお勧めいたします。

佐藤法律事務所の弁護士報酬に関する補足事項

  1. 実費
    依頼者には、弁護士の報酬とは他に実費が加算される場合があります。
    実費には、収入印紙、郵便切手代、謄写料、交通通信費、宿泊料、保証金、保管金、供託金、その他委任事務処理にかかった費用をいいます。
  2. 弁護士報酬の支払い時期
    着手金は、委任契約書及び委任状が作成された日から1週間以内にお支払いをお願いします。
    報酬金は、事件の処理が終了した日から1ヶ月以内にお支払いをお願いします。
  3. 注意事項
    事件のご依頼時には原則として委任契約書を作成し、弁護士費用に関する取り決めを明確にした上で委任事務の処理に当たります。
    上記では、当事務所でご依頼をお受け得する場合の弁護士費用の目安の一覧表を記載します(表記は全て税別です。)。

事案の複雑性や難易度によって、正式なお見積もり額は異なりますので、弁護士費用についてご不明な点は法律相談の際にお気軽にお尋ねいただき、一覧表はあくまで目安としてご参考下さいますようお願いいたします。
なお、上記の費用一覧表は、当サイトをご覧になって来所された方にのみ適用されます。

弁護士報酬基準案内ダウンロード