監護権者の母への引き渡しを否定した判例(子どもの意思を尊重した事例)

 

弁護士の佐藤剛志です。

連休前(平成31年4月26日)の最高裁判所の裁判で監護権者である母親への子の引き渡しを否定した決定がありました。

通常は、母親が監護権者に指定されれば、子供は母親に引き渡されることになりますが、この事案では9歳の子どもが母親に引き渡されることを拒絶して呼吸困難になりそうになったことなどの事情がありました。

また、その後に母親がこの引渡しを求めて行った人身保護請求の手続きの審問期日の中でも、その子供は、兄弟と離れて暮らすのは嫌だが、それでも、父親と一緒に暮らしたいということを明確に述べました。

これらの事情から子どもが自らの意思で父親の元にいると判断され、子どもに有害な影響を及ぼさずに、子を引き渡すことは、困難であるとして判断しました。

この事例は、子どもの態度や供述から、父親と暮らしたいという意思が強固であると判断できたので、子供の意思が尊重されたものです。