共同親権

 

弁護士の佐藤剛志です。

法務省が離婚後の共同親権の導入について検討を始めるそうです。

現行法では、婚姻中は、夫婦の共同親権が原則ですが(民法818条3項本文)、離婚後は、父母の一方の単独親権になります(民法818条1項、2項)。

単独親権では、同居していない親の面会が制限されたり、反対に同居していない親が養育に責任を持たないなどの問題があることから、共同親権とすべきとの意見がありました。

反面、離婚に際して父母の対立が激しい場合や、DVが原因の離婚の場合などは、共同で親権を行使することは事実上不可能であり、かえって子供に不利益が生じるのでないかという理由で反対する意見もあります。

親権は、果たして誰のためのものなのかということを考えれると、第一に子供のためですから、子供の利益になるのはどの方法が一番良いのかという観点からの議論が必要だと思います。

現在の制度でも、おそらく離婚に際して双方が子どものことを十分に考えて話し合い、納得して親権をどちらにするかを決めたというのであれば、その後も比較的問題は生じないと思います。
このような場合には、最初から共同親権を認めても子どもにとってもよいのかもしれません。

しかし、親権を巡って激しく対立したとかDVの場合には、共同親権とすることは難しいと思われますので、共同親権を原則とするというのはどうかな、という感じですね。
もっとも、共同親権が可能なら、親権を巡って対立せずに済んだ、そんなに険悪な関係にならずに済んだということはあるかもしれませんね。

単独親権を原則に、当事者の合意があれば共同親権も認められるというのが現実的なのかもしれませんね。