佐藤剛志の弁護士紹介

不倫・男女トラブルに強い弁護士 佐藤 剛志

福島県・茨城県で不倫・男女トラブルに強い弁護士をお探しの皆様へ

数年間の勤務弁護士時代を経て、独立開業してから、10数年が経ちました。
独立した当初は、まだまだ弁護士数が少ないと言われていた頃でしたので、非常に多くのご依頼をいただいてまいりました。
ご依頼いただいた数多くの案件をこなしていく中で、鍛えられてまいりました。
とりわけ、不貞事件については、私が力を入れて取り組んできたところでもあり、今までに相当多数のご依頼を受け、解決に至ってきたものであります。
ご相談いただいた方、ご依頼いただいた方のお気持ちに寄り添いながら、満足できる解決を目指して業務に取りかかっております。

弁護士 プロフィール

所属委員会など

福島県弁護士会に登録して以来、弁護士会の委員会活動にも積極的に取り組んできました。
今まで経験した委員会は、刑事弁護委員会、ADR委員会、子どもの権利委員会等です。
とりわけ、民事介入暴力対策委員会には縁があり、平成17年に福島県弁護士会に入って以来、委員をしております。
平成20年から4年間は、日本弁護士連合会の民事介入暴力対策委員会委員として、全国の弁護士とともに、民事介入暴力について最新の事情を収集し、それに対応する最先端の対策について研鑽を重ねてまいりました。
毎年2回、全国各地で民暴大会が開かれておりますが、平成28年11月11日には、福島市において民暴大会が開催されました。
「復興暴排~復旧・復興からの暴力団排除」というテーマで研究成果を発表いたしました。
全国各地から来られた方々の前での発表は、大変緊張するものでしたが、成功裡に終わることができました。
平成29年は、東北弁連の民暴委員長となりました。
同年10月21日に当地いわきにおいて東北弁連の民暴研修会を開きました。
平成30年4月には、福島県の民暴委員長となりました。

弁護士にインタビュー 普段は聞けない50の質問

弁護士 佐藤剛志の経歴

1971年
福島県いわき市で生まれる
福島県立磐城高校
慶応義塾大学を卒業
1998年
司法試験合格
1999年
司法修習生で那覇で実務修習をする
2000年
司法試験予備校で講師をする
2002年
東京弁護士会に登録する。最初の事務所で弁護士としての基礎を学ぶ
2005年
債務整理系の事務所に移籍する。半年で債務整理の案件を数百件受け持つ
2005年末
福島県いわき市に佐藤法律事務所を開所する
2007年
東京の上野ポート法律事務所と合併し弁護士法人ポート法律事務所(現:弁護士法人ポート)を開設し同法人の代表を務める
2010年
双葉郡富岡町に弁護士法人ポート富岡法律事務所を設立(双葉郡初の法律事務所を開設)
2011年
東日本大震災により被災し閉鎖を余儀なくされる
2016年
弁護士法人ポート法律事務所から独立し、佐藤法律事務所として再出発する

不倫・男女トラブルを多く扱って思うこと

弁護士になってから様々な案件を取り扱ってきましたが、独立開業して以降、不倫・男女トラブルの事件を多く担当するようになりました。
そして今現在、不倫・男女トラブルのご相談を沢山頂けるようになったのも、開業後に初めて担当した不貞事件のインパクトが大きかったためだと思います。
不貞事件に興味を持ち、案件数をこなすようになり、結果として特化していったという感じです。

また、最近特に思うのですが、相談に来られる際に悩みを抱えて深く沈んでいた方が、事件が解決することによって明るい表情を取り戻された瞬間を見た時、弁護士をしていて本当に良かったと感じます。
今後も、不貞関係事件をより多く扱って、さらに経験を積み、ご相談者により適切なアドバイスをできればと思っています。